WHAT IS ZUDDHA LOTUS?

 
When Zuddha Yoga met Studio Lotus they became a family.
शुद्धZuddha [ simple ] pure  
शुद्धम्zuddham adverb correctly
शुद्धzuddha adj. veritable
शुद्धzuddha adj. acquitted
शुद्धzuddha adj. clear
शुद्धzuddha adj. examined
शुद्धzuddha adj. true
शुद्धzuddha adj. sharp
शुद्धzuddha adj. blameless
शुद्धzuddha adj. exact
 

WAYLON BELDING

ウェイロン・ベルディング

ズッダヨガの創立者ウェイロンは、カナダ・ブリティッシュコロンビア州の森や山に囲まれた環 境で誕生。ナチュラリストの両親のもと、人生最初の6年間をファームで過ごし動物や木々、自 然に対する理解を深めながら育つ。バンクーバーにて17歳より瞑想・ヨガの練習を始め、インド・ ヒマラヤ、世界中を旅し実践と勉強を重ねる。


彼のティーチングスタイルは、自然との繋がりや調和、そして音のヨガ、キルタンやチャンティン グをバランスよく取り入れたクラスを構成し、インドやヒマラヤ各地で学んできた伝統的なヨガ をより忠実に教えている現代には珍しいプロパースタイルのヨギー。旅の途中、ヨギーニであるパー トナー志保子と出会い、ズッダロータスヨガスクールが誕生し、世界各都市でヨガ講師養成コース やリトリート、オンラインヨガコースなどを展開する。


人生のうち 何年も世界を旅した後に遂に思い描いていた土地を熊本に見つけ、有明海を見下ろす 美しいみかん畑に囲まれた山の中に、アースバッグ建築法を用いたエコビレッジ・ヨガアシュラム を建設中。


ヨガの学びを怠ることなく日々練習を続け、小さなヨギーニ2人の娘と共に家族4人力を合わせ、 健康で幸せで自然と調和して生きていくための最古の叡智「ヨガ」を教え、仕える者として今日 ここに存在する。

 

SHIHOKO OTSUBO

大坪志保子 

福岡県大牟田市出身。

幼児期より身体の表現の世界に魅せられ舞踊の道へと進む。のちホスピタリティービジネスと出 会い、人と繋がる喜びを経験。安定したキャリアを得る中、体調を壊したことがきっかけで、体 だけでなく心や精神にもアプローチをしてバランスを整えるホリスティックな生き方を伝えるヨガ の世界に魅了され、インストラクターの道に進む。

今までの人生のプロセスでは感じられなかった自分自信との深い繋がりに喜びを強く感じたこと がきっかけで、ヨガという生き方を本格的にライフスタイルに取り入れはじめ、食事法・瞑想な ど、あらゆる角度から「浄化」作業の改善を始める。

2000年より上海へ移住、小さなヨガサロンをオープン。のちヨガ講師でミュージシャンであるパー トナー、ウェイロン・ベルディングと出会い、ヨガ講師を育成する学校「Zuddha Lotus Yoga School 」を立ち上げ、世界中を旅する。

現在は2児の母。

長い旅生活にピリオドを打ち、ヨガの信念に基づいたシンプルでアヒムサ(非暴力)な生き方や 活動を続ける為、熊本県に移住を決意しヨガスクールのオーガナイザーとしてワークショップ、ト レーニングを世界各国にて展開し、地球の環境と人類の調和をテーマにヨガを通じて社会への貢 献に努める。

2019年 Lotus Pad - zuddha lotus yoga school ヨガスタジオを故郷大牟田市にオープン。 2020年、念願であったヨガアシュラム(とエコビレッジ)の土地を熊本と出会い、アースバッグ 建築様式を用いたヨガ施設の建設をスタート。全国からヨガ的ライフスタイルを学ぶ若者たちと 交流し本格的なヨガを無料でヨガを学べるプログラムをスタート。 2021年、オンラインヨガアシュラムを開設。

Online Yoga Ashram をサポートしてくれている仲間たちの紹介

Jordon Chung (オンラインアシュラム・デザイナー)

ジョーダン・チャンは、カナダ生まれの日本語が流暢なヨギーです。 フォトグラアファーやデザインの仕事の傍ら、当サイトのシステムエンジニアやデザイン のサポートを担当してくださっています。

 

 Website

Who is Jordon Cheung? Photo Interview

 

 

 

 

 

 

 

 

Junko Kobayashi (ヨガ哲学・通訳兼アシスタント)

帰国子女の母の元に生まれ、親に何かを頼むときは”Please(お願いします)”を言わないと
何もしてもらえない家庭で育つ。
カリフォルニアの大学で社会学を専攻したのち、帰国してオーストラリア人写真家のアシ スタントとしてビジネス英語を習得。

 その後ワーキングホリデービザで渡豪、WWOOF制度を使い田舎のオーガニックファーム で自給自足的に暮らしたことから、地球、からだ、精神、コミュニティすべてのつながり の探求が人生のテーマとなる。
帰国後、千葉県いすみ市ブラウンズフィールドのスタッフとなり、玄米菜食の料理、発酵 文化、ベジタリアン・ヴィーガニズム、マクロビオティックの平和思想を暮らしの中で学 び、発信する。

同時に、世界の平和活動を学ぶため、英国シューマッハカレッジにてサティシュ・クマー ルや『幸せの経済学』のヘレナ・ノーバーグ・ホッジの授業を受け、タイ王国プラムビレッ ジにてティク・ナット・ハン 氏のマインドフルネスを学ぶ。
2020年、Zuddhaのアースバッグリトリートで料理を担当したことをきっかけにZuddha Yogaにハマり、現在大坪家の養女として多大な援助を受けながらカルマヨガの修行中(笑 い)


 2020年、Zuddhaのアースバッグリトリートで料理を担当したことをきっかけにZuddha Yogaにハマり、2021年TTC修了。現在、オンライン哲学やサットサンガの通訳に加え、 キルタンの盛り上げ役も担当。


P.S. 最近宮崎へプチ移住。家と車、探してます。 Instagram: @jj_downunder